同人音楽制作後記 その2

doujin_title.jpg

今回はこちら!
・『elegy ~愛と憎しみと~ & last elegy / Innocent Key(2007年)』
・『lain 〔或る老人の手記より〕/ 路地裏みかん箱 & EIGHTMELODIES(2009年)』
・『Call my name(初代) / ちびっこフォーク(2008年)』



■はじめに

-----------------------------------------------------------------------------------------
・私が過去に作編曲を担当した同人曲について綴ります。

・楽曲の中には既に特設ページや試聴音源等の情報が存在しないものもあります。
  そうしたものに関しリンクは行いませんので予めご了承くださいませ。

・記事のUPにおける頒布元サークル様への確認は特別行わないものとします。

・もし不適切とお感じになられた文面があった場合はコメ欄或いは
  私のTwitter等でご指摘下さい、記事の削除や修正に応じます。
-----------------------------------------------------------------------------------------

今回は3曲共に2010年以前ということで相当前のものですね!
傷口を自ら掘り返してゆくスタイルでいきます。


■『elegy ~愛と憎しみと~ & last elegy / Innocent Key(2007年)』

※試聴音源はないよ!

「Innocent Key」といえば東方アレンジを中心に長くご活動されてきたイメージが強いですが、この楽曲らが収録された『Collapse of Vampire』はその更に前段階で制作されたオリジナルCDなのです。

歌唱に当たったのは『elegy ~愛と憎しみと~』が当時「Innocent Key」メンバーだったfrayjaさん、『last elegy』は私と共にゲスト枠のるなち。どちらもCDといいますか企画のテーマにそったダークな雰囲気の楽曲となっています。


『elegy ~愛と憎しみと~』はピアノでDbM7(b5)という濁ったコード(参考)をガン鳴らしして始まるのが工夫ポイントのひとつなんですが。これ実はですね、この2008年よりも更に前、私がヤマハ運営のプレイヤーズ王国という音楽系SNSで楽曲公開等して遊んでいた際に知り合った、素敵な男性シンガーソングライターのJunoさんが当時公開されていた楽曲に習ったんですよ。ってもパクリじゃないよ!?部分的なアレです、オマージュ?リスペクト?

以降暫くテンポルバート(参考)的な流れを経て、リズムが入った後は終始ミュージカルジャズっぽい流れで楽曲が進行します。

歌唱担当のfrayjaさんは歌唱力が高く、かつシブい感じの旋律がとても得意な方です。なんと形容しましょうか、技巧派、ちょっと違うな、大人チック…かなw そんなfrayjaさんのリードをもってすればオケの方で大きくサポートせずとも楽曲の格好はつくもので、この楽曲もやはり基本的にはオケ薄というか、リードの表現に充分量の幅を与えるよう工夫しつつ構築しました。


『last elegy』は前述の通りるなちが歌います。るなちは歌唱表現に大分幅のあるシンガーですよね。この曲委はラストを締めるバラードで、必然的にロングトーンが多いんですがやっぱ上手く纏めてくれるんだよなあ。才能ですかねえやはり。コーラスも綺麗でしたね。

ちょっとマニアックな話になりますが、この楽曲のリズム感はスローテンポの1拍3連系が主となるピアノのアルペジオ伴奏に、イーブンと3連系混在の旋律が乗っかるという手法を用い…いや、ちょっとこれは伝わらないよなw といっても言葉だとこのニュアンス伝え辛いんで楽曲の一部をセルフコピーします。

セルフコピー

とまあこんなやつです、「NanosizeMir」の『始まりを告げる少女』か『NanosizeMir The BEST』をお持ちの方は、収録の『風の便』的な感じと思って思って戴ければ大体そんな感じ。これらに限らず私はこの手法が好きで、もう更に何曲か書いてきた気がします。何がいいってメイン旋律の、イーブン⇔3連系の切り替えがスムーズというかシームレスになり、フレージングの幅が広がるんですよね。

重厚感を出す為に太鼓系のパーカス音色を用いていますが、この当時はまだあんまりいい素材もってなかったんだよなあ。今でこそ色々買い揃えているんで準備万端ですが!



『lain 〔或る老人の手記より〕/ 路地裏みかん箱 & EIGHTMELODIES(2009年)』

※試聴音源はないよ!

この曲は『LAIN -或る老人の手記より-』という、ボイスドラマと楽曲双方を2枚組のCDに収めた、すんげえ気合の入ったご企画の表題曲です。メイン歌唱を「Hearty Smile Factory」「AYUTRICA」「Eclipseed」の星魚有香さんが、コーラスをるなち、Archaryさん、和泉綾さん、がぶりぃさん、重村はるかさん、frayjaさん、sidneさんの計7名が担当します。

一口にいえば大曲ですよ。当時なりにかなり時間かけて制作した記憶。いや時間かけりゃ必ずしもいいものが出来るってことでもないんですが、なんだろう、まあ絶対的な手数というのがひとつと、あとはもう気分的なものですよね、じっくり作りこみたいなあという。

ところがどっこい、私この曲もまたフルサイズ音源が手元になくてw かつ上述の通りサイトにサンプルもないもので、あまり細かいところについて言及する事は出来ないんですよ。なのであくまでも記憶上の話になりますが。

この楽曲を制作するに当たっては、メイン歌唱の星魚さんをはじめとし、企画主の大貫理音さん、作詞担当の岡島薊さん、更にコーラスの面々…各々と結構密にやり取りした覚えがあります。その後星魚さんとはあまり接点もなくなってしまったんですが、この楽曲を歌って戴く上で私自身が受けた鮮烈な印象は今も色濃くそのままです。星魚さんうまいよな!スターフィッシュだもんな!ここ数年お名前を見ていない気がするんですが、お忙しいのかな。

制作上最も苦労したのはミキシングだったかなあ。ぶっちゃけ今もし再度やれたなら、数段綺麗に聴かせられるという自信があるんですよ。でも当時はまだそういう自信も経験も足りなかったな。試行錯誤しつつなんとか纏めた後も、局所的にはもっと上手くやれるはずといった念が払拭出来ず、手直しを繰り返しましたね。んでもって上述の通り音源がないので今現在、良し悪しの判断は出来かねるなw まあでも、後々に至りミキシングに関してより追及してゆく切欠の1つでは間違いなくあったといえます。



『Call my name(初代) / ちびっこフォーク(2008年)』

試聴音源はこちら

初代と書いたからには2代目もあるのか、となりますよね。ありますよ!つい先日の春M3で頒布された、同サークルのベストアルバム「TRIFLE -BEST ALBUM-」に収められています。

さてさて、当楽曲を歌うのはサークル主の星名優子さんことゆこりんと、男性のZai-Dangさんの2名です。つまり男女のツインボーカルです。Zai-Dangさんはゆこりんのご友人という事ですが、この楽曲でのみゲスト参加されているんですよ。ここでもレアキャラきましたね(キラカード

イタロハウス調とでもいいましょうか、いやハッピーハンドバック調というのが適切かな。2000年以前のエイベックスダンス的なあれ。まあそんな雰囲気のリズム感で全編を固めたダンスポップなんですが、主旋律自体にスケール感があったり、ちょっとキラキラした感じの音づくりが成されていたり、和泉綾さんによる歌詞が雰囲気的に深遠さを帯びていたりと、全体を通じたイメージとしてはハウス感ほっとんどないです。

ゆこりんは技巧派なのであらゆる旋律に対する順応性が極めて高いんですけど、しかし例えばその旋律がちょっとブルージーなものであったりしても、土着的なニュアンスには不思議とならず、むしろなんかこうすごくキラキラするんですよ(語彙力)声色によるものかな。だからこの楽曲もにやはりそうした煌めきがあって、んでその煌めきに現実感を与えるかの如くに、真っ直ぐなZai-Dangさんの歌唱も絡んで…ん、いや俺は何を書いているんだ。ポエマーか。とにかくにも、そんなお二人による面白い化学反応を起こす楽曲です。

あとこの楽曲では私ちゃんとエレキギター弾いたんですよね、最も挿入されるのは局所的ですし、フレーズも簡単だったからというのもありまして。そうこうを続けていくうち徐々に上達してもゆくんですが、この段階ではまだその跡はみられないw もっと頑張れ俺、という感じ。とりあえずピッチ感がよろしくないです、チューニング云々というよか弾いてる和音自体に無茶があるんだろうなあ。でもそんなエレキギター以外の部分の音づくりは自ら結構好き。

この記事へのコメント